ブラジリアンワックスでセルフ脱毛♪

脱毛したいけれど・・・

  • 脱毛サロンで脱毛するのはお金がかかる
  • VIOをするには恥ずかしい
  • 自宅で好きな時に脱毛したい

という方にはブラジリアンワックスがオススメです。

ブラジリアンワックスを使えば気軽にセルフ脱毛を自宅にいながら行えます!
またブラジリアンワックスでセルフ脱毛をはじめる方の多く「VIOが気になって」なんだそうです。エステと違い、自分で処理をしますから恥ずかしいVIOの施術も安心ですからね♪

もちろん脱毛にかかる費用もリーズナブル

t-zunaburuセルフ脱毛ですから自分でムダ毛を処理する手間はあるものの、通う手間、そして料金を考えれば脱毛サロンに比べかなり安上がり。

雨が降っている中、脱毛サロンまでいって施術・・・なんてこともブラジリアンワックスならありません。

実際今の脱毛サロンの施術では「永久脱毛」をすることはできません。あくまで抑毛。
ですから高いお金を払ってもまた毛が生えてくることは十分にあります。

でしたらやっぱり手軽にリーズナブルにブラジリアンワックスの方がオススメ!

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛するならコレ

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛するなら「アンジェリカワックス」がオススメです。

ange

テレビや雑誌でよく掲載されているのでご存知の方も多いはず。
なぜこのブラジリアンワックスがセルフ脱毛にオススメなのかというと3つのポイントにあります。

アンジェリカワックスの3つのポイント

国内生産で無添加
ブラジリアンワックスは名前のとおりブラジルで生まれたと言われています。だからブラジル産のワックスの流通量が多いのですが、日本人の敏感な肌にはなかなか合わない…ですがアンジェリアワックスは日本人の肌にあわせて作られた国内産!また無添加で作られているので肌を痛める心配がなく安心してセルフ脱毛を行えます。

温めずにそのまま使える
ワックスの多くの商品が電子レンジやウォーマーなどで温めてしようしなければなりません。ワックスを温めなければ硬すぎて使用しづらいからです。しかしなかなかちょうどよく温めるのが難しい。(ブラジリアンワックスは温めすぎると粘着力が落ちてしまいます)
またセルフ脱毛前に毎回温めるこの一手間が面倒です。ですがアンジェリアワックスは様々な配合を重ねておりこの温める一手間が必要ありません。しかもしっかり粘着力を落とすことなく、セルフ脱毛をすることができるすぐれものなのです!

安心の水性ワックス
ブラジリアンワックスには水性・油性の二種類があります。水性は長い毛や太い毛、油性は逆に短い毛や産毛に有効とそれぞれのメリットがあります。使い分けれれば一番いいのですが、油性のワックスはとても取り扱いが難しい。プロのエステシャンでもヘタな方にあたってしまうととても痛かったり、ちゃんと抜けなかったりします…ですから自宅でのセルフ脱毛には水性ワックスを使用するほうがいいわけです。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛のやり方

selfブラジリアンワックスを使ったセルフ脱毛はとても簡単なので、ワックスを使った脱毛がはじめての方も安心。

セルフ脱毛する前に温めなければいけないワックスもありますが、アンジェリカワックスはその必要もありません。

使い方の説明の前に、初めて使う人は皮膚トラブルを避けるためにも、まずは手や足で試すことをおすすめします。
また、ビキニラインの脱毛をする場合は、ムダ毛が抜けやすいように2~3cmくらいにカットをしておきましょう。

それでは実際のブラジリアンワックスの使い方を動画でご紹介。
動画で使用されているのはアンジェリカワックスです。

処理をする部分の肌が乾いていることを確認してからパウダーを薄くつけます。次にスパチュラにワックスを取り、毛の流れに沿って薄く塗っていきます。
※スパチュラをバターンナイフで代用している人もいるようです。バターナイフを使う際は先の尖っていないものを選びましょう

ワックスを塗った上にストリップス(ワックスを剥がすときに使うもの)を押しつけます。
そして、毛の流れとは逆方向に向かい、一気に剥がします。このとき肌に沿うよう剥がすのが上手な使い方のポイントです。
アンジェリカワックスの使い方はこれだけ。誰にでも簡単に使用できますね。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛する頻度は?

paceブラジリアンワックスで処理をする場合、どのくらいの頻度で処理をすればよいのか、気になりますね。

まず、ブラジリアンワックスはムダ毛を毛根から処理できる脱毛方法なので、皮膚の表面に出ている部分だけを処理するカミソリやシェーバーなどと比較しても、次のムダ毛が生えてくるまで効果が持続するというメリットがあります。
その分、ブラジリアンワックスの方が処理の頻度も少ないと言えますね。

特にVIO部分のムダ毛の場合、腕や足などのムダ毛の毛周期と比較しても分かる通り、ヘアサイクルが長いので、処理の頻度も少なくて済むということになります。

ただ、いくらブラジリアンワックスの方が、効果が持続するとはいえ、永久脱毛ではないので、毛がまた生えてくる以上、そのヘアサイクルに合わせた頻度で処理を行う必要があることは事実です。

ちなみにVIO部分のムダ毛の毛周期が他の体毛とどのくらい違いがあるかというと、たとえば脚や腕の体毛が4~5か月と言われているのに対して、ワキやVIOなどのデリケートゾーンのムダ毛は、1~2年とも言われています。

もちろん個人差もあることなので、実際にブラジリアンワックスで処理をするときは、処理の部位と自分の毛周期に合わせた頻度で行うのがよいと思います。

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛す際、注意すること

実際にブラジリアンワックスを使って処理をする際の注意点やポイントを紹介します。
その前に、そもそもブラジリアンワックスって何?という人のために簡単に説明しますね。

ブラジリアンワックスはビキニや水着を着るときのためのデリケートゾーンをはじめムダ毛のお手入れの方法のことです。

最近では自宅で手軽にできるブラジリアンワックスの商品も良く見かけますが、先ほども書いた通り、ブラジリアンワックスはお肌が敏感な部分の処理となります。

サロンで行うにしても、自分で処理するにしても気を付けたい注意点があることを知っておいた方が良いかもしれません。

ブラジリアンワックスの注意点として、ニキビなどの皮膚疾患がないこと、また日焼け直後の肌でないことです。

少なからず肌に負担がかかるので、ワックス後の肌が赤くなり炎症をおこす可能性もあります。
処理後の注意点として、脱毛した部分を冷やすことや保湿をするなどのケアが必要ですね。

特に皮膚が弱い人は気をつける必要がありますが、そうでない人も睡眠不足や生理前後などの体調が良くない時にはやめておいた方が良いでしょう。
このような注意点に気を付けて、安全な処理をしましょう。

———

ブラジリアンワックスを使わず、しかも安く脱毛できる方法もあります。
それは脱毛のはしごです!
気になる方は脱毛はしご.NETを要チェック!
———